秋を楽しめるおすすめの東京・江戸観光案内

紅葉

暑過ぎず寒すぎず、観光するのにはちょうどいい秋ですが、昼夜の気温差が激しい日もあるため体調管理には気をつけましょう。
昼間は真夏日でも日が暮れると風が冷たくなることもあるので、冷え性の方は軽いストールやスカーフを持っているといいかもしれません。
また、秋は台風が多いので、雨や風が強い日はムリせず室内でできる観光に変えたりショッピング日にするのがおすすめです。

 

スカイツリータウンにはモール以外にプラネタリウムや水族館もあるので、急な予定変更には便利です。
近辺だと、上野の博物館や美術館も電車移動しやすいですが、駅からは少し歩きます。
秋は新米や果物・きのこ・秋刀魚など新物グルメがそろうので、「食欲の秋」を満喫するのもおすすめです。

 

東京の紅葉は11月下旬から12月中旬が見ごろになります。だいたいの日本庭園では紅葉が楽しめ、イベントが行われることも。夜に紅葉のライトアップをする名所も多いので、いつもよりも長く観光ができます。

 

六義園
JR・東京メトロ南北線「駒込駅」 徒歩5分
開園 9時~17時(入園16:30)
紅葉のライトアップ時期(11月中旬~下旬)は21時まで開園 大人300円

 

柳沢吉保が徳川5代将軍・綱吉に与えられた地に、自ら設計しつくりあげた庭園です。秋はライトアップで池に映る紅葉で有名。
漢詩や和歌をもとにした景観づくりがされており、春のシダレザクラやツツジの名所でもあります。

 

 

築地市場(場内・場外)
都営大江戸線「築地場外駅」、東京メトロ日比谷線「築地駅」より徒歩1分。東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」より徒歩5分

 

魚だけでなく、物販店やもたくさんあるが、15時を過ぎると閉まる店も多く日曜祝日は休み。ほとんどの店で地方発送が可能。
飲食店の休みは店による。寿司や海鮮丼だけでなく、ラーメンや蕎麦屋・定食屋・喫茶店・パン屋なども。

 

 

銀座
JR有楽町駅、東京メトロ丸の内線・日比谷線・銀座線「銀座駅」、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」

 

デパートやブランド店、老舗の洋食店や和雑貨等のお店、画廊が数多くあります。エルメスやグッチには併設のカフェも。
有楽町駅前の交通会館には、北海道・富山・香川など地方の物産店がいくつも入っています。

 

 


スポンサードリンク