冬を楽しめるおすすめの東京・江戸観光案内

牡丹

冬の東京はビル風があり寒い日も多いため、外を歩く際はしっかりとした防寒対策が必要です。マフラーやホッカイロでしっかり体を温めましょう。
除夜の鐘や初日の出待ちなど野外での並びは特に冷え込む時間なので、ホットドリンクで体の中からあたためるのがおすすめです。
また、空気が乾燥しやすく、人混みや飲食店ではでは風邪やインフルエンザにかかる可能性もあります。小さい子供や年配の方は特に、手洗いやうがいも大切です。

 

上野東照宮ぼたん苑(上野公園内
JR・京成・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」公園口から徒歩で3分
都バス夢の下町号・東武バススカイツリーシャトル(土日)も停車
開苑9:30~16:30入苑締切 大人600円

 

例年、1月1日~2月中旬に冬牡丹(40品種・800本)のイベントが開かれ、甘酒やお茶も楽しめます。
蝋梅(ロウバイ)や早咲きの梅も見られます。

 

梅の花

 

湯島天満宮(湯島天神)

 

東京メトロ千代田線「湯島駅」徒歩3分、JR御徒町駅徒歩8分
開門 6:00~19:30(宝物殿は9:00~16:30)

 

約20品種300本の梅が咲き、毎年2月半ば~3月上旬にはにぎやかなイベントが行われライトアップ(17~19時)もされます。

 

 

 

江戸東京博物館(両国)
JR・東京メトロ大江戸線「両国駅」(江戸東京博物館前)
京成バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん」南部ルート 「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」

 

開館 9:00~17:30(入館~17:00) 土曜日は~19:30(入館~19:00)
休館日 月曜  常設観覧料 大人600円

 

江戸と東京の文化やまち・人に関する資料や模型が展示されている。その他、浮世絵や巻物・古地図などが常設。
年始は無料展覧や寄席などのイベントがあることも。
両国にはちゃんこ鍋屋が数多くあり、冷えた体を温められます。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク