カロリー消費アップシューズ購入時の注意点

カロリー消費アップシューズ購入時の注意点

カロリー消費アップシューズ購入の注意点

リーボックのイージートーンやスケッチャーズのシェイプアップス等、履くだけで筋力アップやカロリー消費を増やすウォーキングシューズが流行していますね。
先日も靴屋に行ったら店員さんにおすすめされましたが…
売る側は基本的に「良い所」はたくさん教えてくれても、「悪い所」は質問したりクチコミを調べないとわかりませんね。
そういったエクササイズ効果をうたった靴を履くにあたっての注意点をまとめました。

 

高機能ウォーキングシューズを履いてはいけない人
  • 10才以下の子供
  • 高齢の方
  • 妊娠中
  • 下半身に疾病があったり病院にかかっている
  • 歩行が不安定
履いてる時にやってはいけない事
  • 足首を内側に倒す(膝を痛める原因になる)
  • スポーツ・ランニング・登山
  • 階段や坂を歩く
  • エスカレーター利用
  • 電車やバスの乗り降り
  • 自転車・バイク・自動車などの運転
  • 雨・雪の日に歩く
  • 壁や手すりにつかまらないでの準備運動・ストレッチ

 

昔、かかとがないスリッパがダイエットに良いと話題になりましたが、シェイプアップシューズも原理は同じで、「わざと体を不安定なバランスにすることで筋力を使う」というものです。
平らな場所をウォーキングするための靴なので、坂道が多い街に住んでいる人には向かないかもしれません。ウォーキングコースに急な階段があったら危ないかもしれません。
使い方をまちがえたり、足に合わない靴を履いていたら大きな怪我のもとになります。
しっかりと試し履きをして、自分のライフスタイルにあっているのか考えてからの購入をおすすめします。

 

同じように、筋肉量を増やすという肌着も注意が必要です。
ダイエット効果があるという謳い文句で販売されているシャツや腹巻などがありますが、高密度な素材&で強い圧力をかける事によって姿勢が矯正されやすくなるというだけのものです。
いつも着ているよりもきついサイズで締め付けるので、皮膚や血管に負担をかけるというデメリットがあります。
特に、太り気味な人が寝るときに着用するのは危険です。
肥満気味の人は無呼吸症候群になっている人も多いですし、ストレス解消や質の高い睡眠を求めるならば、就寝時はできるだけ楽な服装がいいでしょう。

 

安易に「着用するだけでやせる」というものには副作用ともいえるマイナスポイントがあるので、持病や歩き方に問題がある人は特に気をつけてほしいと思います。

 


ホーム