Xアプリの良い所・悪い所

転送ソフトXアプリのメリット・デメリット

「Xアプリ」は、音楽や動画をCD・パソコンからウォークマン本体に送るためのソフトです。
現在はウォークマン標準付属のソフトは「Media Go」に変更されました。ただ「Xアプリ」も更新されています。

 

人によっては使い勝手が良い場合もあるので、簡単に機能を比較します。

  • 「Media Go」XperiaなどのスマホやPSPに対応させたい場合、MP3・AAC(iPad/iPone)・FLAC形式を使いたい場合などに選びます。
  • 「Xアプリ」音楽CDの作成をしたい場合、WAV形式を使いたい場合、おまかせチャンネルでウォークマンならではの楽しみ方をしたい場合などに選びます。
  • 「その他」ソニーのソフトでなくてOKなら色々と選択肢はあります。例えば「Windows Media Player」をMP3形式などで使う方法です。私はそうしています。

 

以下、過去に「Xアプリ」を1年ほど使っていた時の感想です。ネットの口コミでも同じような意見が多く見られました。

 

 メリット(良い所)

  • CDを入れてクリックするだけでアルバムを簡単に取り込める
  • CDのジャケット(写真等)を自動で探して貼り付けてくれる
  • 好きな曲でのプレイリスト作りが簡単
  • 曲調を解析し、自動で色んなジャンルのプレイリスト作成
  • 「歌詞ピタ」に登録すると、画面に歌詞を表示できる
  • PC上でノンストップmix再生し曲を聴くことができる

 デメリット(悪い所)

  • けっこう動作が重いのでパソコンが重くなるかも(古い機種だと特に)
  • Xアプリ自体の操作が重い時もあり、ウォークマンへの曲転送に時間がかかることも
  • 派手な動画の広告表示が多く、チカチカする
  • 自動で取ってくるCDジャケットが間違っていることがある
  • 曲の転送元パソコンにしかウォークマンからの転送も出来ず、新しいPCを購入する場合は、事前にXアプリのバックアップデータをとらなければいけない。
  • 1人で複数台のPCを使っている場合でも、転送元ではない別のPCへウォークマンから曲転送はできない

 

2013年秋以前のウォークマンですと、「Xアプリ」アプリケーションを機械本体からインストールできます。それ以降の場合は、ソニーからダウンロードできます。しかしPCとの相性によっては不具合が起こることも多数報告されており、あえて「Xアプリ」を使わないユーザーもけっこういます。
アプリを使わずにWindows内の「WindowsMediaPlayer」やMacintosh社の「iTunes」を使っても楽曲や動画は送れます。
(Windows版の「iTunes」はMacintosh版に比べ、操作速度が遅く快適ではないという意見もあります)
私は「WindowsMediaPlayer」以外のソフトは使っていません。他社ソフトも試しましたけど、結局は「WindowsMediaPlayer」が無難でした。

 

 

「Xアプリ」⇔MP3・AAC(iPad/iPone)形式の変換移行方法

「Xアプリ」ATRAC・AAL形式⇔「Media Go」MP3・AAC(iPad/iPone)形式
と2度手間になるかもしれませんが「Media Go」で変換することになります。WAV形式からなら他に手がありますけど、ソニー独自のATRAC・AAL形式からだと、この方法が簡単で無難と言われています。

 

 

 

amazonでレビューと価格が見られます
Amazon ウォークマン